今回は動画を御覧のお客様から、ラルフローレンのシャツをピックしてきて欲しいとご依頼があったので、ロンクルア市場に参りました。200枚ピックしてきて欲しいということなので頑張ってピックしてきたいと思います。

目次

ロンクルア市場でラルフローレンのシャツをピック

今回は、Lサイズ、XLサイズを中心に無地、もしくはストライプでチェック柄以外でピックするように、お願いされています。

先ずは襟周りをチェックしていきます。襟に汚れがあると目立ってしまいますし、気になりますので、そういった汚れがないかチェックしていきます。

襟周りのダメージがないかもチェックします。このシャツは汚れはあまりないようですね。

袖の部分をチェック

袖の部分はボタンがちゃんとついているかどうか、ほつれていないかをチェックします。チェックする内容は横タグをチェックします。なお、お客様から特に指示がない限り、OMGサプライでは日本製、もしくは韓国製のラルフローレンはピックから除外しています。

 

汚れが目立つものはピックしない

次に、Sサイズのシャツ、目立つ汚れがあるのでピックしません。汚れの濃淡、大きさによって当社基準で見極めをしています。

日光の当たる明るい場所でチェック

ピックをするロケーションですが、なるべく日光の当たる明るい場所でチェックをしています。特にぼんやりとしたシミは暗い場所ではとても見にくいので、そういったものは見逃さないように必ず明るい場所でやっています。

このアイボリーのシャツも、よく見ると残念ながら汚れています。一か所でも大きな汚れがある場合はピックしていません。

こちら、お客様から依頼は受けていないのですが、チェックのシャツ、こちら偶然良い感じの好みのものを見つけましたので、ピックしていこうと思います。お店のストック用に確保していきます。

偽物が多いラルフローレン

ラルフローレンは偽物がたくさん出回っています。まず、ラルフローレンのロゴマークをチェックしましょう。馬の足がしっかり4本あり、しっぽがはっきりしています。シャツを裏返してもししゅうがはっきりしているというのが見極めるポイント1です。

 

タグがしっかりしているのが本物の証

その次にタグを見ます。タグがしっかりしているのが本物の証です。

タグが隅々までしっかりとつけてあり、小さなサイズ表記のタグもついていることが条件です。

中国製やフィリピン製でも本物はあります。商品が作られた国も多岐にわたります。この商品はフィリピン製ですが、本物です。

偽物はたくさん出回っているので気を付けてください。リペア品ということで販売しているケースが多いです。偽物をつかまされて流通に載せると犯罪になってしまうので、注意が必要です。きちんと見極めができるサプライヤーから購入することがとても大切ですね。

チャットチャックで購入をすると、ピック率はあがりますが、その分お値段が上がってしまいます。

動画で紹介しました商品に関しては公式ラインからお問い合わせください